野口医学研究所の活動


これからの医学界を担う医師へ国際医学交流の場を届ける

米国財団法人野口医学研究所では、患者様に共感し「私たちに治させてください」と言うことのできる医師の育成を第一と考え、「Compassion Humanity & Empathy in Medicine」を合言葉に活動しています。
その目的を果たす為に、毎年数多くの日本人メディカルスタッフを、米国を中心とした海外の大学へ送り出し、国際医学交流を促進させてきました。
米国の臨床医学、医術、医療を学んだ医師たちが、当財団の理念である「患者優先の医療」の実現に向けて日々努力しています。

これからの医療を支える人材育成のために

国際留学の支援

患者優先の医療を担う人材を育成する為、医師、医学生を対象に米国を始めとする各国の提携大学への留学支援を行っています。

■教育機関への支援

医学の発展に貢献するため、収益事業で得た資金を国内外の医科大学への奨学金や医学教育プログラムの共同開発に充てています。

■セミナー・講演会の実施

留学に必要な知識を身に付けるためのセミナーや、国内外の最新医療に関するミニレクチャーを行っています。選考会に合わせてフェロー講演会を開催するなど、さまざまなテーマに沿って学びの場を提供しています。

国際医学交流の促進のために発足した米国財団法人野口医学研究所は、寄付に頼らず独自に奨学金を捻出していますが、その奨学金はグループ会社の株式会社野口医学研究所が行う収益事業によって賄われています。
株式会社野口医学研究所が得た収益金は、研修医を始めとする医療従事者、並びに医学生の育成に充てられています。