美健JUMP! 世界遺産を歩こう


日光
歴史と自然が味わえる、人気観光地



旅の目的は人それぞれ。観る、食べる、体験する。
初めて観る景色や新しい出会いに非日常を感じ、わくわくする人もいるでしょう。
旅の中にはそんな「楽しさ」がたくさん詰まっています。旅のある人生で心と体の免疫力を高めましょう。
一度きりの人生、楽しく・健康に・幸せに過ごせることが一番です。

日光は栃木県の北西部に位置し、関東地方の市町村では最も面積が広く、山に囲まれた自然の多い都市です。一帯が「日光国立公園」に指定されており、季節を問わず多くの観光客で賑わいます。「日光を見ずして結構というなかれ」という格言があるほど見所が尽きることはなく、一生のうちで一度は訪れる価値がある景勝地としても、昔から絶賛されてきました。
また、紅葉の名所が多いのも魅力の一つで、秋にドライブへ出かけるとたくさんの絶景が待っています。都心からも近く、自然や世界遺産などの観光資源の豊富な日光は、今後ますます発展すると言われている観光地です。

世界遺産など歴史的な建造物から、滝や湖など豊かな自然が目白押しの関東屈指の観光地、日光。そんな日光の名所や体験、グルメなどの魅力・情報をたっぷりと紹介していきましょう。

おすすめスポット


日光といえばここ!

日光東照宮

日光を代表する世界遺産「日光の社寺」の中でも最も人気の高い「日光東照宮」。
日本史上最大の英雄の一人と言われる徳川家康を祀る神社で、中には400年以上も歴史のある江戸時代の建築美を代表する文化財も残されています。
日光東照宮と言えばなんといってもその豪華絢爛な美しさ。見る人を圧倒するほどの美しさは全国から集められた名大工によって手掛けられています。
また、有名な「眠り猫」や「三猿」にはどんな意味があるかなど、知れば知るほど奥が深く、その魅力に引き込まれること間違いなしです。

Data


栃木県日光市山内2301
TEL 0288-54-0560
【アクセス】
JR/東武日光駅から東武バス日光「中禅寺温泉」または「湯元温泉」行きで「神橋」下車、徒歩約8分。「表参道」下車、徒歩約2分
http://www.toshogu.jp/

戦場ヶ原

中禅寺湖をめぐり、山の神が争った「戦場」だったという神話からその名が付いたと言われています。
かつては湖でしたが現在は湿原となっており、自然いっぱいのハイキングコースとして多くの人に愛されています。約2時間かかるコースの途中には展望スポットがいくつも設けられ、さまざまな角度から絶景を見ることができます。9月下旬から10月上旬は草紅葉を見に訪れる人で賑わいます。

Data


栃木県日光市中宮祠
TEL 0288-22-1525(日光市観光協会)
【アクセス】●戦場ヶ原展望台
JR/東武日光駅から東武バス湯元温泉行きで約65分、「三本松」バス停下車、徒歩約1分
※ハイキングの場合は手前の「赤沼」バス停下車
http://www.nikko-kankou.org/s/spot/10/

※2019年10月に発生した台風19号の影響により、一部通行止め区間あり。下記を要確認のこと。

戦場ヶ原の遊歩道の状況について(日光湯元ビジターセンター)
http://www.nikkoyumoto-vc.com/new/nature_d.html?0:2194

ちょこっとメモ
ハイキングは自然の中をゆっくり長く歩くことができるので、日光をたくさん浴び、体内のビタミンDの生成を促すことができます。また、長時間歩くことで有酸素運動になり、生活習慣病の予防や肥満解消にも効果的と言われています。

中禅寺湖

標高1269m、周囲21km、最大水深163mで日本屈指の高さにある大きな湖です。約2万年前に男体山が噴火した際の溶岩によってできたと言われています。
中禅寺湖はなんといっても紅葉が美しく、赤や黄に色付いた葉が湖面に映る景色は圧巻です。遊覧船やカヤックを体験することもできるので、水上からの景色を楽しむのもおすすめです。また、途中にある華厳ノ滝も日光で最も有名な滝と言われる人気スポットで、エレベーターで行ける観爆台から間近で見る滝つぼは迫力満点!中禅寺湖に行く際はぜひ併せて訪れてみてください。

Data


栃木県日光市中宮祠
TEL 0288-22-1525(日光市観光協会)
【アクセス】JR/東武日光駅から東武バス日光「中禅寺温泉」または「湯元温泉」行きで約45分、「中禅寺温泉」下車すぐ
http://www.nikko-kankou.org/s/spot/12/

明智平ロープウェイ


有名なドライブコース、いろは坂のいくつものカーブを登っていくと最後に辿り着くのが明智平。ここには展望台もありますが、ぜひおすすめしたいのが、ロープウェイ。3分間のゴンドラの旅を終えると、そこに広がるのは標高1373mから見る大パノラマ。日光連山を一望できる景色はここに来た人にしか味わえない、まさに絶景です。
展望台からは中禅寺湖に抜けるトレッキングコースもあるので、山歩きが好きな人も楽しむことができます。
紅葉シーズンはもちろんのこと、春や夏もそれぞれに違う景色を見ることができるので、何度でも訪れたくなるスポットです。

Data


栃木県日光市細尾深沢
TEL 0288-55-0331(明智平ロープウェイ)
【アクセス】JR/東武日光駅から東武バス「湯元温泉」または「中禅寺温泉」行きで約40分、「明智平」バス停下車すぐ
https://www.nikko-kotsu.co.jp/ropeway/

運行情報は下記HPを要確認。
https://www.nikko-kotsu.co.jp/

体験
自然を肌で感じる


アウトドアヨガ

ヨガはヨガでも日光の絶景ポイントまでトレッキングし、いい汗をかいたところで大自然の中で行うヨガ体験です。深緑の中、紅葉の中、沢の中、山の上など大自然のエネルギーを直に感じられるアウトドアヨガはデトックス&リフレッシュ間違いなしのアクティビティです!先生は国際ヨガ協会公認ヨガインストラクターの小曽戸恵さん。
ヨガが終わったらみんなでランチ。素材にこだわった日光市内のランチどころのツアーオリジナル特製お弁当を自然の中でいただきます。こんな贅沢時間はここでしか味わえません。

ちょこっとメモ
呼吸を意識して行うヨガは、交感神経と副交感神経の働きが整えられ、ストレスの緩和が期待されます。最近ではヨガを予防医学として取り入れている医療現場もあり、自分の心と体を見つめ直すことができる健康維持の手段の一つとしても考えられています。

陶芸

自動で回転する機械式のろくろや、手動の卓上手ろくろの体験ができます。機械式ろくろは、左右対称で丸くきれいな形の作品を作れるのが特徴です。手動卓上ろくろでは、丸以外の自由な形を作れるので、マイペースに自由な発想で作りたい方におすすめです。小さな子どもから大人まで全員が楽しめるので、カップル、友達同士、家族みんなで参加する人が多いそう。日光の思い出と共に世界に一つだけのオリジナル作品を作ってみてはいかがでしょうか。

トレッキング

日光国立公園内、その自然豊かな霧降(きりふり)高原から流れる冷たい沢水と、個性豊かな3つの滝「霧降隠れ三滝」を廻る滝巡りトレッキング。マイナスイオンを感じられる滝三昧ハイキングプランです。大迫力の滝を水しぶきがかかるくらい間近で見られるレアな体験が楽しめます。ガイドが安全に配慮して案内するので、初心者でも安心して参加できます。

Data


栃木県日光市所野1550-73
TEL 0288-53-3379(One Play-itワンプレイト) 
【営業時間】10:00~18:00 ※体験受付は16:00まで  木曜休み
【アクセス】
車:東北自動車道宇都宮IC~日光宇都宮道路日光IC下車、霧降高原道路経由で約6分
電車:JR/東武日光駅から日光路線バスで霧降高原方面行き「下丸美(しもまるみ)」バス停下車すぐ
https://oneplayit.com/

グルメ
日光で食べられる絶品料理


日光金谷ホテル

歴史情緒溢れる、金谷ホテル伝統の味

明治時代のホテルロビーが、昭和11年の改装時に現在のメインダイニングルームとして生まれ変わりました。歴史があるのは建物だけでなく、歴代の料理長から代々受け継がれた金谷ホテル伝統の味がここの自慢です。昔ながらの「大正コロッケット」や季節によりメニューが替わる「季節のスペシャルランチ」がおすすめです。
もう一つ、忘れてはいけないのが大人気メニュー「百年ライスカレー」。2003年に金谷ホテルの蔵の中から発見された大正時代のカレーのレシピを基に、当時の味が再現されています。歴史情緒と伝統の味を一緒にご堪能あれ。
※百年ライスカレーは現在、休業中のクラフトラウンジに代わり、メインダイニングルームにて提供中。

Data


栃木県日光市上鉢石町1300
TEL 0288-54-0001
11:30~14:30(LO) 無休
※百年ライスカレーは15:30まで提供
【アクセス】JR/東武日光駅から路線バスで「神橋」バス停下車
https://www.kanayahotel.co.jp/nkh/


ちょこっとメモ
カレールーに含まれるスパイスにはたくさんの成分が入っているため、カレーは「食べる漢方薬」と言われるほど健康効果があります。具材やスパイスによって効果は異なりますが、便秘改善、認知症予防、冷え性改善、さらには美容効果もあるとも言われています。

湯沢屋茶寮

大正天皇も愛した饅頭

創業文化元年(1804年)から作られている「元祖日光饅頭」は、天然酵母と自家製糀の発酵で皮を膨らませる本格酒饅頭で、200年以上続くその製法がお店の名物となっています。当時、天正天皇が日光へご静養に来られた際に、お忍びで行幸され酒饅頭をお召し上がりになられたそうです。
生地だけでも3日掛けて作られているこだわりの湯沢屋の酒饅頭は、日本の饅頭の原点とも言うべきでしょう。また、日光天然水を使ったかき氷も別格の美味しさで、ファンが多い逸品です。
※かき氷はGW~11月中旬まで(氷がなくなり次第終了)

Data


栃木県日光市下鉢石町946
TEL 0288-54-0038
10:00~16:00 不定休
【アクセス】JR/東武日光駅から徒歩15分
https://www.yuzawaya.jp/tea.html