美健JUMP! 高嶋ひでたけ元気の現場


ニッポン放送 野口医学研究所プレゼンツ
「高嶋ひでたけ元気の現場」が2020年10月5日からスタート!(毎週月曜日~金曜日10時54分~)

このコーナーでは、1週間分の番組内容をまとめてお届けいたします。

今回は2月8日(月)~2月12日(金)の放送内容です。

<2月8日(月)>

本日の「元気の現場」は、「趣味のギターが人生を変えた」というお話。先日高嶋さんの後輩が離婚をしたそうです。その理由が「趣味のギター」だったと聞いて驚いたという高嶋さん。その後輩にとってギターは、命の次に大切なものらしく、結婚してからも高いギターを買い続け、最終的には240万円のMartin(マーチン)D-18というギターを購入し、それに奥さんは我慢できなくなり離婚することとなったそうです。あなたのご主人は大丈夫ですか?と問う高嶋さんでした。

<2月9日(火)>

本日の「元気の現場」は、「若返りワクチン」のお話。医療関係の取材をしている友人から「老化細胞」を除去するワクチンが開発されるらしいという話を聞いた高嶋さん。細胞が分裂するたび染色体の先端にくっついているテロメアが短くなり、それがある一定の短さになると細胞が老化して老細胞になるそうです。そしてこの老細胞を除去すれば動脈硬化などの様々な病気を根本から治療できるのではないかと言われており、老化細胞除去治療の研究が進んでいるそうです。「もし老化がワクチンで改善できるようになったら楽しみだ」と話す高嶋さんでした。

<2月10日(水)>

本日の「元気の現場」は、「ブーム」のお話。高嶋さんが中高生の頃、フォークソングが大ブームだったそうです。当時はギターを持っていると女の子が寄ってきて、みんな女の子にモテたいという一心で必死にギターを練習していたそうです。高嶋さんはギターではなく、ハーモニカが得意でしたが「女の子が寄ってくることはなく悔しかった!」と話す高嶋さんでした。

<2月11日(木・祝)>

本日の「元気の現場」は、「わんこそば」のお話。今年は中止になりましたが、毎年2月11日に岩手県花巻市で「わんこそば大会」が開催されるそうです。そばはビタミンB1が豊富に含まれており、江戸時代中期に脚気(かっけ)予防としてそばが流行ったそうです。他にもそばには、ルチンというポリフェノールが豊富に含まれており、毛細血管の強化や高血圧予防効果があるということを教えてくれました。

<2月12日(金)>

本日の「元気の現場」は、ドクター浅野が出演。今回は「アメリカのホームドクター」のお話。アメリカでホームドクターになるには、普通のドクターの研修期間に加えもう1年間研修を受けないといけないそうです。そのため、普通のドクターより多く勉強しているホームドクターの方がアメリカでは格が上で発言力も強いそうです。先週お話したPPOの保険でも、まずはホームドクターが病気を診断し、そのホームドクターが登録している病院に患者を紹介するというルールがあるということを教えてくれました。

次回は2/15(月)~2/19(金)の番組内容をまとめてお伝えします。